そんなこんなで転勤族妻、家を探し始めました!
(→転勤族妻、家を買う①理由編)

探し始めて1ヶ月、色々無駄をしていたことに気づきましたf(^_^;

とりあえず資料請求…は

家探しを始めて最初にしたこと。

それは、
住宅の資料請求

ネットでポチポチ。
神奈川やら東京やら千葉やら。
分譲中または分譲予定のマンションの資料を取り寄せまくる。

結果、

ポストから資料あふれる

(笑)

はい、バカです(×_×)
そりゃそうなるわ。

しかも一回請求したら資料見て「こりゃないわ」と思っても、また送られてきます。
「今週末イベントしますよ~」
「コーヒーメーカーもらえますよ~」
毎週のようにきます。

ザ・紙の無駄(´-`)

家探しで最初にすべきだったこと

反省しました。そして気づきました。

私と夫は求めてる家のイメージが違う!

値段重視
「子育てにいい」という街がよさそう
マンション派
自分の実家から電車で1時間以内
公園の近く
戸建てもアリ

全然違いますねw

妻は実家近くに住みたい

私の実家は神奈川県。
できれば実家に帰りやすいところに住みたい

色々助けてもらえるし。
地元に友達いるし。
女の人って、自分の実家の近くに住みたいって思う人結構多いですよね。

でもこの希望、ちゃんと伝えてなかったんです。
だから夫くんは、東京の東部や千葉の物件の資料まで取り寄せてました。
男の人って言わなきゃわからない人種ですよね…。

マンション派?戸建て派?

お互い実家は一戸建て。
でも夫くんの実家は、西日本の山の上。
過疎地域です。

失礼な話、いわゆる、
負動産です。

土地建物を売りに出しても、絶対売れません。
でも夫くんは長男。
いずれ相続しなくてはいけません。

「自分の子どもに『負動産』を残したくない。だからこの先も価値が下がらない、っていう場所以外は土地は持たない」
だそうです。

私は庭付き一戸建て、好きです。
子どもも遊ばせやすいし。

でも、夫くんの意見には納得できるところがありました。

夫の通勤時間

今の家は転勤通告から引っ越しまで時間がなく、1日で3軒見てその中で決めました。

乗り換え案内では、通勤は1時間
ところが実際には特急の本数が少なく、行き先が違う電車が多く、乗り継ぎがうまくいかず、1時間半はかかっているそうです。

これには夫くんがまいっています。

関東での通勤なら珍しくない時間です。
でも関西や中部に住み、長時間通勤、ラッシュの経験が少ない夫くんは不満タラタラ。

仕事も忙しく、ストレスから夜中にポテチを食べ、運動もせず、急に太りました。

これはマズイ!
(;゜0゜)

大黒柱に病気になられたら困ります。
しかも私は通勤ないので、なんだかかわいそう。

この先何十年も住む家なら、通勤のことも考えてあげないといけないと思いました。

家購入の条件を決定!

さて、ようやく夫婦の意見が出て、家に求めるおおまかな条件がまとまりました。

  1. マンションがメイン(場所により戸建てもアリ)
  2. 私の実家まで電車で1時間以内
  3. 夫の職場までドアtoドアで1時間以内
  4. 徒歩圏内に公園がある
  5. 夫が考えた予算以内

予算は運用もしてる夫が決めました。
多少お金の知識はあるみたいなので。

でもこれ、探し始める前に決めとくべきことですよね(笑)

物件資料、たくさん捨てました。
条件を出し合うまでの時間をムダにしました。

でも資料を読むことで勉強になりました。
比較できるし、見てみたいと思うものもありました。

だから完全に無駄ではなかったけれど、やみくもにするのはよくないですね。

住宅購入は、まず大まかな条件を決める!
それから資料請求をする!

この流れが王道ですね(^_^;)
そんなこんなで、具体的な物件回りをスタートさせました!

(つづく)

スポンサーリンク
おすすめの記事